食あたり 食事について

食あたりの原因と管理方法

春や夏に向けて気温が上昇してくるため、発生しやすくなるのが暑い中で食べ物を放置しておくと腐りやすくなると言うことです。
特に腐りやすい食べ物は短時間の間だけでも注意が必要で、氷を入れておくか、保冷剤で冷やしておくかの対策をする必要があります。
知らずに食べてしまうと、重症の場合は食中毒、軽度の場合でも、食あたりで腹痛や嘔吐の原因になりかねません。
そうなってしまうと、発熱がでたり、水分も多く体外にでてしまうため脱水症状にも気をつけなければなりません。
菌を出しきる事が一番重要なため、病院に行き食欲がなければ、点滴などをしてもらい、薬は整腸剤をもらい腸の中を整えるしかありません。
二日、三日で症状は良くなるため長引く事はないですが非常に辛いため、食あたり、食中毒にならないように夏場以外でも、しっかりとした食事の管理をし自分の体を大切にして対策をするなどの自己防衛が必要になってくるのではないでしょうか。

Copyright(c) 食あたり 食事 All Rights Reserved.