食あたり 食事について

食あたりをする原因は・・・

食あたりは普段の食事の中でも突然してしまう可能性があります。
そもそも、食あたりをする原因は身近によくいるような病原体にあります。
感染経路の中で一般的な病原体として挙げると黄色ブドウ球菌や様々な種類がありますが大腸菌と呼ばれているものがあります。
また、これらにもそれぞれの菌類によって症状が異なってきて熱を引き起こしてしまうことがあったり下痢などの原因となります。
これらの感染経路をなぜつくってしまうのかと言うと大体推測されるものとしては、料理や食品に関わった人による衛生面の怠慢によるものからくると思われます。
例えば、手を洗わなかったり洗剤や熱湯などによる殺菌を怠ることによってこれらの事態が引き起こされてしまいます。
しかし、これらは目に見えないため対処も難しく黄色ブドウ球菌に関しては常に皮膚にいるような菌のため怠ったつもりはなくとも知らず知らずのうちに菌がついてしまっている場合があります。
食品や料理に関わる方はよく衛星管理を考えたうえで対処する必要があると思われます。

Copyright(c) 食あたり 食事 All Rights Reserved.