食あたり 食事について

banner

小さな子どもが食あたりになった場合の食事

小さな子どもの食あたりは、その症状の状態、回復まで食事も少しずつ変えていく必要があります。
まず代表的な症状は下痢や嘔吐です。
突然嘔吐した場合、感染性胃腸炎の可能性もあり、嘔吐物などにはまず手でふれないのは原則です。
そして嘔吐した時の時間はメモしておきます。
水分補給はかかせませんが、嘔吐してできれば5,6時間は何も与えないようにします。
嘔吐すると一瞬すっきりするかも知れませんが、再び吐き気に襲われ余計水分が出てしまい体力を消耗しかねません。
少なくとも本人が自分から欲しいというまでは基本は与えない方がよいです。
そして必ず少しづつ水分補給させていきます。
その段階では胃は空っぽの状態です。
ひと世代前の習慣なら、すりおろしたリンゴをあげようとするかもしれませんがそれはNGです。
特に果物は胃を刺激し、またリンゴは決して消化のよい食べ物ではありません。
まずはおもゆ、そしてお茶、おかゆ、うどんという流れで食事させていきます。
量も少しづつが原則です。
便もすこし硬めになってきたら白身魚など和食をおかずにします。
そして通常の食事に戻すにはおおよそ一週間くらいみておきましょう。

対面鑑定で確かな結果をお伝えします

ソフトバンクのおとくラインを契約するならおとくライン.jp

電話回線を新設するお客様向け

関連ページ一覧

banner
食あたりで嘔吐を繰り返しているときは食べることを控えておきます。
食べないとと無理矢理焦って食

食あたりには、段階を経ながら回復に必要な食事を摂ることが必要

banner
春や夏に向けて気温が上昇してくるため、発生しやすくなるのが暑い中で食べ物を放置しておくと腐りやすくな

食あたりの原因と管理方法

banner
食あたりをした時には誰もが脂分の多い食材を食べようと思う人はまずいません。
そもそもあまり食欲

食あたりの後は水分補給と消化によい食事を

Copyright(c) 食あたり 食事 All Rights Reserved.